生命保険を更新するか?見直しするか?を無料で相談する裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険見直しのタイミング >> 生命保険を更新するか?見直しするか?

生命保険を更新するか?見直しするか?を無料で相談する裏技を公開!<保険無料相談>

バブルの頃などは、各企業のオフィスに各保険会社の外交員がやってきて、生命保険の新規契約や、見直し(保険料を安くするのではなく、特約を増やしたりする、保険料を高くする方)の提案をしに来たものでした。

生命保険に全く興味のない人もいれば、各生命保険会社の勧誘を断り切れず、複数社の生命保険に加入する人もいました。今ではあまり考えられないことかもしれません。

現在では、ネット保険も増え、保険の見直しも一般化してきて、「とりあえず全部の保障が付いている保険に入っているから大丈夫」などと安心しきって、高い保険料を毎月払っている人は少なくなっているのではないでしょうか。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!




保険の更新 関連コラム

あなたが会社の中で順調に出世し、リストラ候補にもならずにいられるならば、あるいは自営業者であなたの事業が社会から注目され、業績がグングン伸びているならば、生命保険の更新・見直しの話は無縁かもしれません。でも、新卒の時に正社員になり損ねた、リストラに遭った、給与・ボーナスがカットされた、ということになると、所得税、住民税、国民年年金保険料、国民健康保険料、携帯電話代、光熱費と並んで、痛い出費になるのが生命保険料なのです。
「生命保険」を「貯蓄」と考えて、「満期の時の保険金」をアテにしているならば、生命保険の見直しはしない方がいいです。「貯蓄」と「生命保険」を分けて考えて、目の前の出費を抑えてしまいたいならば、生命保険を見直して保障範囲を実利的な範囲に絞り込みましょう。
実際問題、銀行の金利と、生命保険会社の運用益のどちらが高いかといわれれば、際立った差などないのです。生命保険の商品の中に「有配当」の商品もありますが、生命保険会社のパンフレットに、経済状況によっては損失が出る可能性があることが書かれています。2012年現在では、そんなにおいしい話はないのです。
生命保険を更新するか?見直しするか? 満期のお金が楽しみならば更新です。目の前の出費が大切ならば見直しです。

▲このページの先頭へ