定年退職されたあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険見直しのタイミング >> 定年退職した時

定年退職された貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

定年退職を迎えたら、まず見直さなければいけないのが「定期保険」(死亡時保障)です。
「定期保険」は、幼い子供や収入の少ない妻のために残す保険ですが、子供も独立し、夫婦二人の老後を見渡した時、必用なのは「葬式代」と「お墓代」です。そうすると、「定期保険」も、手厚い補償を求めるものではなく、「葬式代」と「お墓代」に絞った最低限の保障のもので十分ということになります。

反対に「医療保険」や「がん保険」は手厚いものが求められ(がんや、脳内出血などになってしまった場合のため)「入院日額」「先進医療保障」「がんの通院保障」などがクローズアップされてきます。

退職後の生命保険の見直しは、突き詰めていけば「あなたはどのように死んでいきたいですか?」ということになります。先進医療をどんどん使って長生きしていきたいのか、自宅で最低限の医療を受けながら自然に死んでいきたいのか、あなたの望むスタイルによって、必用となる保険の中身が変わってきます。
生命保険を検討するためには、自分の「死ぬ場所」を決めなければ行けないのです。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!




定年退職したときの保険見直し 関連コラム

現在の感覚でいえば、定年退職の年齢は65歳。死亡保険も、医療保険も、個人年金保険も、子供の学資保険も、全部払い終わって、保険金を受け取る側に回るはずの年齢です。国民年金も厚生年金も受給できるはずの年齢です。退職金を受け取って、住宅ローンを完済したりしているはずの年齢です。

この定年退職(65歳)というのも生命保険の内容を見直すタイミングなのです。

多くの場合、年金で生計が立てられると思うのですが、収入額の目減りは確実にあります。国民年金しかもらえないという世帯は、もっと厳しくて、収入が月額6万7千円(夫婦合わせても13万円ちょっと)なので、家賃と光熱費だけで消えてしまうかもしれません。

こんな状況では、65歳以前のような金額を生命保険にかけているわけにはいきません。

▲このページの先頭へ