子どもが独立されたあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険見直しのタイミング >> 子どもが独立した時

子どもが独立された貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

最近の傾向でいえば、大学・専門学校合わせると8割以上の高校生が進学します。ですから、お子さんの独立は20歳から22歳の間ということになります。お子さんが独立されるこの時期も保険の見直しの良いタイミングになります。

親御さんの保険としては、「学資保険」が終了し、「定期保険」を継続し、「医療保険」だけでは不安となれば「がん保険」の新規加入や強化を図られても良いかもしれません。
「個人年金保険」や「収入保障保険」を検討して、老後の生活設計を組み立ててみるのもよいでしょう。

お子さんの独立後は、夫婦2人の生活が中心になりますから、どこの街に住むのか? どんな家に住むのか? 介護が必要になった場合どうするのか? など、考えるべきことはたくさんあります。
そして生活環境が変化すれば、保険の見直しの良いタイミングになります。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!




子どもが独立したときの保険見直し 関連コラム

独立されたお子さん自身が新規の契約者となる保険が発生するのもこの時期です。まず大切なのが「医療保険」。次にお子さんがクルマを運転なさるなら「自動車保険」の加入を検討するとよいでしょう。
「医療保険」を検討するにあたっては、独立されたばかりのお子さんが、いきなり年単位の入院をするような大病にかかるのは稀ですから、入院日額も特に高額である必用はなく、現実の収入の手取額とよく相談して、保険料に生活が圧迫されないようにしましょう。
「自動車保険」も、旅行が趣味で長距離を好んで走る場合と、近所の買い物にしか使わない場合では、「自動車保険」に求めるものが違ってきます。各保険会社の商品をよく見比べて、出費と実益のバランスの取れた自動車保険を選びましょう。
でも、自動車保険は、収入が少ない場合や、不安定な場合でも、必ず入っておかなければならない保険です。クルマ込みの生活設計(車両代、ガソリン代、駐車場代、自動車保険料、他)が成り立たない場合は、自賠責保険だけでクルマに乗るのではなく、車を使わない生活設計をされた方が良いでしょう。

▲このページの先頭へ