就職して間もないあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険見直しのタイミング >> 就職した時

就職して間もない貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

一昔前までは、就職したらまず入る保険であった「終身保険」は、長期不況の現代日本にはマッチしない保険となってしまいました。
終身保険は保険料が高いんです。月額1万円以上の商品もたくさんあるんです。若い世代の中に、国民健康保険料の未納、国民年金保険料の未納が相次ぐ現状の中、1万円以上の保険料の終身保険の維持は難しいでしょう。

若い時期に必用な保険は、なんといっても、急な入院・手術に対応する「医療保険」でしょう。骨折や内臓疾患で、1ヶ月以内の入院というものは誰でもあるものです。そんな時に役立つのが「医療保険」です。(がん保険のように特定の疾患に絞らない保険の方が良いかもしれません)
入院日額は無理に高額な必用はありません。でも、全く備えがないと、退院する時に10万円、20万円の医療費を請求されて、あたふたすることになります。
加えて、生命保険の話からは外れますが、5千円からでも定期預金を根気よく続けておくと、万一の時に助かりますよ。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!




就職した時の保険見直し 関連コラム

バブルの時代。東証一部上場企業じゃなくても、企業が学生を接待漬けにして人材確保を目指した時代がありました。
その頃よくあった笑い話が、就職したての若いサラリーマンのところに、いきなり生命保険会社の外交員とお医者さんがやってきて、「お母さんに頼まれたから」といって、高額な終身型の生命保険の契約をさせられ、翌月から万単位の引き落としが始まるというものがありました。
本人の知らないところで生命保険の契約が進み、支払いはあんたが勝手にしなさいというものです。

今では信じられませんが、バブルの頃はそれでも何とかやって行けたのです。その頃、日本中に信用されていたのが「終身保険」です。貯蓄性もあり、死亡時の保障もあるというものです。
加えて、医療特約を付けておけば入院も安心ですから、幅広い層に重宝された保険です。

でも、長期不況の現代日本とはマッチしない保険かもしれません。

▲このページの先頭へ