三井住友海上メットライフの保険よりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 三井住友海上メットライフ生命の口コミ・評判

三井住友海上メットライフの保険よりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

三井住友海上メットライフの保険の口コミ・評判まとめ

三井住友海上メットライフ生命は、2011年の4月から社名を『三井住友海上プライマリー生命』と改名されました。

メットライフは米国最大の保険会社です。
メットライフとの国内における合併会社である三井住友海上メットライフ生命(旧三井住友海上シティインシュアランス生命)でしたが、シティグループが保険事業を買収したことでシティの傘下に入ることになります。
しかし、その後シティが撤退したとことから、三井住友海上シティインシュアランス生命は三井住友海上メットライフ生命と改名されます。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



口コミ・評判まとめの続き

三井住友海上シティインシュアランス生命のころから、同社は資産運用向けの個人年金保険を得意としていましたが、この点は現在も変わりなく、変額個人年金や利率の高い外貨建ての定額個人年金などを主力商品として展開しています。

メットライフの販売チャンネルは、銀行や証券会社がほとんどですから、一定額以上の・窓烽運用してみようという方でなければ、なかなかお目にかかることがないかも知れません。

変額年金は途中解約しなければ、払込保険料相当額は最低保障されています。
ただし運用期間中に解約するとなると話しは違ってきますので、解約しないで済む範囲で運用しなければなりません。

外貨建ての個人年金は最終的に円転する際の為替リスクがあるということから、最悪外貨で保有しても良いと思える通貨で運用する必要があります。

口コミや評判をみると、変額年金を極端に危険視する声も見られるのですが、商品の中身をしっかり理解していくと“キワモノ”でないことが分かるはずです。
またこれらのリスク商品を販売する方は、購入者に元本割れのリスクなどを確実に伝える義務があります。

いずれにしても押しが強いだけの販売担当者からは、この手の商品について話を聞かないようにしましょう。


三井住友海上メットライフの保険についての口コミ・評判・評価(2件)

●三井住友海上メットライフ生命の保証金額付特別勘定終身年金についてざっくり調べてみたが、保険商品として怪しい商品ではないが、ハイリスク・ハイリターンに分類される商品。

●三井住友海上メットライフ生命の通貨選択型個人年金保険(7年後にオーストラリアドルで受け取るもの)に加入した。オーストラリアは法定金利が6%程度あるので、元本200万円として、毎年6% = 12万円の利息がつけば、4年かからずにで利息40万円は達成できてしまう。