ライフネット生命のかぞくへの保険よりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> ライフネット生命の口コミ・評判 >> かぞくへの保険

ライフネット生命のかぞくへの保険よりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

ライフネット生命の「かぞくへの保険」は、一定期間だけ、死亡について保障してくれる「定期保険」なのですが、ネット保険なので、10秒で保険料の見積もりができる、保険料が比較的安いという特徴があります。

その安い保険料は、30歳男性で、保険料が1,328円。50歳男性で、保険料が5,898円。これなら、ワーキングプアといわれる年収200万円以下の世帯でも、万が一の時に備えられるものとなっています。

ただし、安さには理由があって、70歳までしか保険契約を更新できません。余命宣告を受けた際の「リビングニーズ特約」は付いていません。あなたはこの保険をどう活用しますか?



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



ライフネット生命の「かぞくへの保険」関連コラム

ライフネット生命の「かぞくへの保険」の死亡保険金は、払込期間10年で、1千万円です。他のライバル生命保険会社と条件的には大差ありません。
しかし、先ほども述べたとおり、70歳までしか保険契約・更新できません。余命宣告を受けた際の「リビングニーズ特約」は付いていません。日本人の多くは70歳を境に死亡率が上昇します。72歳くらいで亡くなった場合、この保険は適用できません。60歳くらいで、末期がんになって余命宣告されても、「リビングニーズ」は使えません。適用範囲が広いようで、意外と使いにくいのが、ライフネット生命の「かぞくへの保険」です。
活用範囲をグッと絞り込んで、子供の就学期間中に何かあっては困るので契約するとか、20代で、結婚するまでのお守り代わりの保険として契約するなどが、現実的な使い道なのでしょうか?

生命保険になぜ加入するか? 家族に万一のことがあった場合、多額のお金が必要になるからです。例えば、40代50代で稼ぎ手の父親が亡くなった場合、子供の進学、住宅ローン、クルマのローン、妻の老後など、問題が山積してしまいます。生活水準を維持しながら、安定して暮らしたいと願えば、まとまったお金が必用となります。そんな時のためにあるのが「定期保険」です。「ライフネット生命のかぞくへの保険」の良いところは、保険料が安い。病気でも事故でも災害でも死亡保険金がもらえる。最高1億円まで高額の生命保険をかけることが可能なこと、などが挙げられます。

「ライフネット生命のかぞくへの保険」は、インターネット専用の「定期保険」です。特徴を簡単にまとめると、
(1)配当や解約返戻金のないシンプルな定期保険。
(2)低価格に抑えた保険料。
(3)病気でも事故でも災害でも、万が一のときは同額の死亡保険金が受け取れます。
(4)「約款所定の高度障害状態」となった場合は、死亡保険金と同額の「高度障害保険金」が受け取れます。(約款になければ、障害を負っても保険金は出ません。)
(5)500万円〜1億円の間であれば、100万円単位で自由に保険金額を設定することができます。
(6)条件をクリアしなくてはいけませんが、健康診断書がなくても、健康診断を受けていなくても、保険に加入できます。ただし、70歳までしか更新できません。リビングニーズ特約はありません。

要は、働き盛りの人向けの「転ばぬ先の杖」が「ライフネット生命のかぞくへの保険」だといえるでしょう。