AIGエジソン生命の保険よりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> AIGエジソン生命の口コミ・評判

AIGエジソン生命の保険よりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

AIGエジソン生命の保険の口コミ・評判まとめ

AIGエジソン生命は、前身の東邦生命が1998年に経営が悪化したことを受けて、GEファイナンシャルアシュアランスホールディング社と業務提携を締結し、GEキャピタル・エジソン生命株式会社が設立されるものの、2003年にはGEがGEキャピタル・エジソン生命株式会社の売却を決定し、同年の8月に今度はAIGが子会社化したことでAIGエジソン生命が誕生することになりました。

しかし、2008年のAIGショックによって再びAIGから売却される立場に立たされることになりました。しかし今回の売却はバブル崩壊時とは状況が違い、業績が良く高く売れるということが前提にある売却です。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



口コミ・評判まとめの続き

最終的にプルデンシャル・ファイナンシャルに買収されることになり、コンサルティングセールスを推進している同社にとっては、結果的に最良の結果を得たと言えるのではないでしょうか。

前置きが長くなってしまいましたが、AIGエジソンの商品を検討しようという方は、AIGショックによってエジソン生命がどうなってしまうのかが最も心配事となるでしょうが、エジソン生命自体は現在でも上位の成績を維持する生命保険会社であることは変わりませんし、プルデンシャルの傘下になったという点は保険会社としていちばん安心できる帰結となったと言えます。

エジソン生命の先行きを心配する声は、口コミ・評判に多数見られますが、同時に人気商品でもある外貨建て一時払個人年金や終身保険に質問が集まっています。

外貨建て個人年金や終身保険は同社の代表的な商品であり、他社の類似商品と比べても選べる通貨の種類も多くメリットもあります。

外貨建ての保険を検討している方は、引き続き注目してみましょう。


AIGエジソン生命についての口コミ・評判・評価(3件)

●「あいドル君」について、米国ドル建一時払終身保険だがリスクは為替相場で、現時点では円高なのでドル商品は買い時だと思う。

●AIG エジソン生命の特定疾病保障付ドル建とく割終身保険は、ドル建て終身保険に、特定疾病ドルとく割特約が付加されている商品。AIGスター生命のドルサポート終身は、特約を付加しなければそのままドル建て終身保険になるので、三大疾病に対応させる場合はDDエコ終身特約を付加する必要がある。

●「えんドル君プラス」は一時払いのドル建て年金保険。 メリットは円高の時に一時払いでドルにして預けると、日本の年金保険より高い率で運用されるので戻りは多くなること。 デメリットは満期による年金支給開始時に今よりさらに円高になっていると受取額が支払い総額より減る可能性があること。