明治安田生命の「こどものほけん」よりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 明治安田生命の口コミ・評判 >> こどものほけん

明治安田生命の「こどものほけん」よりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

明治安田生命の「こどものほけん」は、学資保険なのですが、教育資金を受け取れるチャンスは2回です。

22歳満期の契約の場合、18歳時に一時金が支払われ、22歳時に満期保険金が支払われます。18歳満期の契約の場合、15歳時に一時金が支払われ、18歳時に満期保険金が支払われます。

私は個人的に不思議に思ったのですが、22歳満期の契約で、学生が終わる22歳に学資資金を受け取ってどうするのでしょう? 大学は学費の後払いを認めていません。22歳満期のどこに魅力があるのでしょう?

また、明治安田生命の「こどものほけん」のホームページにも記載されているのですが、月額払いで保険料を納めていった場合の、保険金の戻り率は、契約者30歳男性、子供0歳男児の場合、99.2%となっていて元本割れします。
明治安田生命の「こどものほけん」は、契約に注意を要する保険です。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



明治安田生命の「こどものほけん」関連コラム

明治安田生命の「こどものほけん・vは、学資保険なのですが、18歳満期の契約の場合、元本割れする可能性もある保険商品です。
このとおりこの学資保険は貯蓄性が低いのですが、・アどもの医療保障が充実した保険商品なのです。入院は日額5千円、手術の時も一時金が出ます。火傷や骨折の時も一時金が出ます。まるでこどもの医療保険のような保険商品です。
明治安田生命の「こどものほけん」に契約するとすれば、学資保険として、満期時の保険金の額の多さを求めるのではなく、子供に万一があったときの保障として加入しておくということになるのでしょうか。確かに子供は怪我をします。時には入院もしますが、特別に病弱な子供の場合を除き、高い保険料を払うより、医療費として直接払っても金額に大差はないのではないのでしょうか。
それより、全国の大学進学率が50%を越えた昨今、お子さんの進学、独立に備えて、より貯蓄性の高い商品と比較検討されるべきではないでしょうか。