日本生命の「有配当定期保険」よりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に

日本生命の「有配当定期保険」よりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

日本生命の「有配当定期保険」というのは、定期保険ですから、一定期間の間の、死亡時の保証をしてくれる保険なのですが、保険会社の資産運用によって「配当があり得る」保険のことです。(保険のパンフレットには、経済状況により損失を被る場合があるとあります。)

ただし、日本生命の「有配当定期保険」というのは、保険料が高額なのです。例えば、ライフネット生命の「かぞくへの保険」が、30歳男性で、保険料が1,328円なのに対して、日本生命の「有配当定期保険」は、30歳男性で、保険料が8,610円です。さらに、更新時期となる40歳男性の保険料は、15,330円です。なんと倍増です。

サラリーマンの給料が減額されていく世の中に、この金額で耐えられる顧客は少数だと言えるでしょう。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



日本生命の「有配当定期保険」関連コラム

日本生命の「有配当定期保険」は、昭和30年代から40年代の高度経済成長期には、夢や希望のある商品だったと思います。「ニッセイのおばちゃんが自転車で」幅をきかせていた時代です。
2012年の今となっては、庶民の生活は様変わりしました。国民健康保険料や国民年・烽フ保険料が生活を圧迫する時代です。しかも日本経済はプラス成長を維持するのがやっと。株価は低空飛行。路線地価もやっと下げ止まったところ。資産運用で収益を確保できない団体がゾロゾロ出ているのですから、「有配当定期保険」と言われても、手元にお金が残ることは少ないです。(保険のパンフレットには、経済状況により損失を被る場合があるとあります。)
この保険が定期保険として、死亡時に支払われる保険金額が、たとえ3倍であったにしても、この高い保険料と、確実性のない配当は、この商品の利用価値を著しく下げるものです。顧客は確実性のある「ネット保険」に行ってしまうでしょう。