住友生命の未来デザインよりもあなたに合った保険を無料で見つける裏技!

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 住友生命の口コミ・評判 >> 未来デザイン

住友生命の未来デザインよりも貴方に合った保険を無料で見つける裏技を公開!<保険無料相談>

住友生命の「未来デザイン」は、終身型の生命保険です。終身保険と合わせて、「3大成人病特約」や「5つの重度慢性疾患特約」で、将来に備えることができます。

住友生命の説明としては、「ご家族のための収入保障・ご自身のための介護保障を、ライフサイクルにあわせて合理的に準備できる、生活責任世代向けの総合保障保険です。」ということになっていて、若いときには保障を押さえて、保険料を安くして、年齢と共に保障と保険料を手厚くするということが説明されていますが、保険料は、30歳男性で18,577円、50歳男性で32,913円となります。

住友生命の「未来デザイン」は、死亡保険金が5,000万円を越えるものですが、その前に毎月の生活が大変になります。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



住友生命の未来デザイン関連コラム

住友生命の「未来デザイン」は、保険会社の考え方が良く解らない保険です。生命保険というのは、一般的に会社を定年退職する65歳まで保険料を払って終わり、というものではないでしょうか。
ところが、住友生命の「未来デザイン」は・A65歳を境にして「ファーストステージ」と「セカンドステージ」に分けてあります。まるで、65歳以降も保険料を払い込むような分け方ですが、保険料の払い込み期間は、65歳までとなっています。(一部75歳まで払えるプランあり)「ファーストステージ」と「セカンドステージ」の意味が解りません。
また、住友生命の「未来デザイン」は、高額な保険料もネックです。同じ終身型の生命保険でも、30歳男性で、保険料が10,000円を切ってくる商品がたくさんあります。
死亡保険金の金額は500万円前後になってしまいますが、葬式代とお墓代が出ればいいと割り切れば、日々の生活の安定を優先するべきではないでしょうか。