【図解入り】養老保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 養老保険とは

養老保険とは

養老保険は決められた保険期間に死亡した場合は死亡保険、また、期間が満了になった場合に生存していれば死亡保険金と同じ金額の満期保険金が支払われる保険です。そのことから生死混合保険とも呼ばれています。貯蓄性、積立性のある保険なのです。

以前は予定利率がとても高く、保険商品の中でも養老保険が主流となっている時期がありました。しかし、現在では予定利率がとても低いことと、保険料が高くなりがちということから主流であるとは言えないようです。
保険料は掛け捨てのものが安く、貯蓄部分が大きいと高くなってしまう傾向があるのです。
通常の生命保険と比べてみると、死亡保障の額が大きくはないので生命保険のメインというのではなく、貯蓄目的にされることが多い商品です。

同じ貯蓄目的といっても銀行の貯蓄と比べると、死亡保険金が下りたりすることはこの商品のメリットとなっています。
定期預金などは元本は割れることの無い商品で安心感はありますが、死亡した場合には元本と利息分しか残りません。しかし、養老保険であれば保険料を支払っている途中期間に死亡した場合、満期の時に受け取る保険金と同じ金額の保険金を受け取ることができるのです。この点が養老保険の良さですね。また、死亡時だけではなく高度障害保険金も支払われるものもあります。
例1



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



養老保険はどういった場合に活用するのが良いのでしょうか。

子供の将来の教育資金や、老後の生活資金にも活用出来る商品です。長い期間をみてお金を貯めていき、かつ一定の保障もあるものが良いという場合にはニーズに合致するかもしれません。
養老保険は数ある死亡保障の保険の中では貯蓄性の高い商品なので、死亡保険に貯蓄性の機能が付いているものが良いという人にも合うでしょう。しかし、特約で定期特約や医療特約などを付加していくと貯蓄性が下がってしまうことがあるので注意が必要です。

また、長期運用の商品が多いので、今の予定利率が低い時期に長期固定してしまうのは不利になるのではないかという声もあります。この先またインフレによって金利が上昇する可能性ももちろんあります。
しかし、定期預金に置いておくなら保障もある養老保険が良いという場合には専門的な知識を持ったファイナンシャルプランナーや保険の窓口相談所のような所に相談しに行ってみても良いのではないでしょうか。

また、過去に加入した養老保険を保有している場合はその保障内容や利率を見て解約するか、満期まで持ち続ける方が良いのかを判断してもらう為に保険証券を持って相談しに行くと良いでしょう。
解約返戻金が、支払ってきた保険料に近い額を受け取ることが出来る場合もあります。

▲このページの先頭へ