【図解入り】定期付終身保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 定期付終身保険とは

定期付終身保険とは

定期保険は「掛け捨て」で、終身保険は貯蓄も出来る保険でしたね。この二つの保険を組み合わせたのが定期付終身保険です。

終身保険は保険料も定期保険に比べると高く、また定期保険は一定の期間しか保障がなく掛け捨てであるという両者のデメリット部分を補う保険です。

終身保険を主契約とし、定期保険を特約として付けることができます。

種類は以下の2種類です。


「全期型」
定期保険特約を付加することができる期間の全期間を保険期間とします。
保険料は一定ですが、年齢が若い間は更新型よりも高くなります。しかしトータルの払込保険料は更新型よりも少なくなっています。
例1

「更新型」
上の図の定期保険特約部分で満期が来る定期保険となります。
一定の期間がくると(10年や15年)満期になります。しかしそれ以降もまだ継続の必要があるのであれば再度契約を更新しなくてはなりません。もちろんその場合はその時点の年齢と保険料率によって保険料が決められるので最初の契約よりも保険料が上がることになります。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



定期付終身保険の上手な選び方

定期保険付終身保険は完全掛け捨ては嫌だけれど死亡時には保険金を遺族に残してあげるというのを主な目的としています。一般的な保険なのですが、誤解も多くなっている保険です。
内容をしっかりと把握しましょう。

万が一の場合の死亡保障がいくら必要なのかを考えておく必要があります。

また、貯蓄も必要であると言う場合は終身保障の割合を増やしたりすることもできるのでどれくらいの額をいつまでに貯蓄しておきたいか、ということも考えておくと良いでしょう。

保険料を少しでも安くしたい、というのであれば定期特約の割合を大きくしたりと組み合わせの割合を考えることもできます。

一生涯の保障を確保しつつ、保険料も安い定期保険で年齢が若い時の保障も手厚くしているものですが、定期特約の期間が満了となった時に終身保険の部分だけの保障、保険料となるので保険金は減ることになるので注意が必要です。

また、貯蓄が出来るといっても月々の保険料の終身保険が占める割合としては2〜3割といわれているので、そこまで大きな額の貯蓄は期待出来ません。

あとは更新型の場合、数回更新すると保険料が倍以上になることもあるので注意が必要です。

しっかりと把握しておかなくてはならない事柄が多いので、ライフプランにあわせて、内容に誤解のないようプロに相談してから決めることをおすすめします。

▲このページの先頭へ