【図解入り】終身保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 終身保険とは

終身保険とは

終身保険は、一生涯の保障をする保険で、契約したらその人が亡くなるまで解約をしない限りは一生涯保障が続く保険です。
終身保険は掛け捨てというわけではないので、解約返戻金があります。死亡の場合には必ず保険金が受け取れるようになっているので、貯蓄性も高くなっています。



終身保険は契約期間中は更新もなく、保険料も変わりません。

また、支払い方法は一生涯続けて保険料を支払う「終身払い」、一度に全ての保険料を支払う「一時払い」、払い込む期間を一定期間に定める「有期払い」というのがあります。

一時払いは最初にまとまった余裕資金がある場合に適しています。支払い総額を見ると割安となります。


次に、終身保険の種類を見ていきましょう。

1.定額型(普通)終身保険
これは亡くなった場合の保険金や、解約返戻金が最初から分かっている終身保険です。
保険の金利が固定されているので、契約の時点で受け取り額がどれほどかというのが分かります。


2.利率変動型終身保険
これは一定の期間毎に市場金利に応じて積立利率が見直されるものです。しかし、減ることはなく契約の時点で最低利率は確保されています。


3.変額保険終身型
死亡時には契約時の保険金受取額が保証されます。しかし、運用によっては保険金の上乗せの部分、そして解約返戻金が上下するので場合によっては大幅な減少もあり得る保険です。
契約期間中は株式や債券などで運用をしているので上下するのです。
これは最低保証がない保険なので、加入する際にはリスクをしっかりと把握して契約する必要があるので気をつけましょう。


終身保険は掛け捨てではなく、亡くなった場合には必ず保険金がおりるという点で、遺族に対する保障が確かなので安心感がありますね。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



終身保険は老後の為の資金を準備するのに適していることもあります。

変額保険以外では、解約返戻金が最低どれほど受け取れるかというのを知ることが出来るため、何年後にお金が必要で、その為に終身保険を使って貯蓄していくという方法をとることができます。これによって老後の資金を準備する人もいるのです。

それほどお金は増えなくても良い、減らなければ良いという人は定額や利率変動型の終身保険を検討してみてはいかがでしょうか。

変額保険であれば場合によって定期預金などの金利よりもはるかに大きな運用実績が見込める場合があるので運用をして楽しみたいという人に向いています。
しかしリスクがあるので市場の相場観がある方が良いでしょう。


また、財産を分与する時にも終身保険は役立ちます。
自分自身に必要なお金が充分確保できており、残りは誰かにあげたい、という場合です。
例えば子供が3人いて、自分が亡くなった時には一人には家を、あとの二人にはお金を残してあげたいといった時に終身保険を用いて「誰にいくら」という風に金額を予め指定して契約することが出来るのです。
子供達が相続発生の時に争わなくても良いようにと使う人もいます。


終身保険はこれらのように、貯蓄や相続というように目的に応じた使い方が出来る保険なので、自分が目の前の資産を将来どうしていきたいのかを考えていきましょう。

定年退職の時に一度に大きな額を受け取った場合などがちょうど将来のことを考える良い機会になるのではないでしょうか。
保険の相談窓口には多くの種類の商品があるので相談をしてみても良いでしょう。

▲このページの先頭へ