【図解入り】こども保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> こども保険とは

こども保険についての説明と上手な選び方

こども保険は、被保険者を子供としている保険の総称のことをいいます。親が子供の教育資金などを積み立てること(貯蓄型)を目的とした「学資保険」や、子供の怪我や病気を保障する「子供向けの医療保険」などを含みます。元々は学資保険とこども保険は別のものでしたが、今では全く同じものと捉えられていることが多いようです。子供の医療などの保障を目的としただけの保険ではなく、教育資金に備えるための保険のニーズが増して来ているからです。

こども保険は保障内容が保険会社により異なりますが、子供の教育資金等に備えるという目的の貯蓄性のある商品であることは共通しています。
子供が学校に入学、卒業する際や満期の際には学資金(祝い金)や満期保険金が支払われるものがあります。特徴としては、親が死亡した場合には保険料が免除される点です。子供が死亡した場合に死亡保険金が支払われるというものもあります。

子供保険には3つのタイプがあります。

1、学資(教育の資金)の為の貯蓄型。

2、親に万が一のことがあった場合の子供の生活費、教育費、医療費をまかなう保障型。

3、それらを併せたもの


満期保険金が支払った保険料よりも多く戻って来るものや、元本よりは多く戻らないけれども保障の機能が手厚いものや、祝い金が支払われるものなどがあります。祝い金も支払われる時期が様々です。

【イメージ図】



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!




こども保険の上手な選び方

こども保険は子供の為の保険です。親に万が一のことがあった場合の死亡保障などは他の生命保険で掛けているのであれば、その保障についてはシンプルなものを選び貯蓄性を重視した方が良いかと思います。加入の際に予定利率や返戻率というものが分かっているので、出来るだけそれが高い商品を選びたいですよね。返戻率というのは支払った保険料の総額に対しての祝い金、満期金などの保険金受取総額の割合のことです。これが高い方がより資産を増やすことが出来るということになります。保障型を選ぶと、コストが多くかかることから元本を下回ることがあるので注意が必要です。何を重視するのかをまずは決めて行きましょう。親の保険に子供の医療保障部分が特約で付いていたりするものもあるので、保障が無駄に重複してしまわないように確認をする必要があります。

また、子供が誕生してから加入するならば早い程保険料の支払い額が少なくてすみます。中には妊娠中に加入する人もいます。(学資保険は妊娠6ヶ月から加入可)

将来、子供が大学に進学する際の受験料が心配だという場合には17歳や18歳での満期を選択したり、また中学、高校に進学する度に祝い金が下りるものを選択したりとニーズに合った商品を見つけましょう。いつ・、どんな費用がかかるのかまだ検討がつかない、という場合にはプロのファイナンシャルプランナーなどに相談してみても良いかと思います。

▲このページの先頭へ