【図解入り】介護保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 介護保険とは

介護保険とは

介護保険には公的介護保険と民間介護保険があります。公的介護保険は2000年の4月に導入された社会保険制度で、40歳以上の人全員が加入しなければなりません。みんなで介護保険料を出し合い、介護が必要となった場合に所定の介護サービスが受けられるようにと制定されました。
少子高齢化が進み、介護問題は大きな社会問題としてとらえられてきました。介護は家族間だけの問題とされていましたが、これからは社会全体で支えて行かなくてはなりません。

公的介護保険の財源は税金と保険料で構成されていて、介護サービスを受ける際には費用負担は9割が財源からで残り1割は利用者が負担します。介護保険があると、介護をする側の人の肉体的、精神的、経済的負担を軽減することができるのです。
しかしサービスを利用するには上限が設けられていたり、もちろん1割ではありますが自己負担があるので経済的負担は全くなくなるというわけではありません。長期化しがちな介護ではこの少しの負担が後々大きな負担となるのです。
そして、この1割の部分をまかなうため、民間の保険会社が「介護保険」を商品として発売しているのです。

この民間の介護保険の内容について説明していきます。

介護保険の保障内容は、保険会社の定めた「要介護状態」になった場合に一時金や介護年金が一定の期間、または一生涯支払われるというものです。

この要介護状態というのは保険会社によりますが、寝たきり、認知症状態などが対象となります。一般的に寝たきりというのはベッド周辺での歩行も自分では出来ない、衣服の着脱ができない、入浴が一人で出来ない、食べ物が自分で食べられない、排泄が自分で始末出来ないなどの状態のことです。この状態が保険会社が定める期間、継続していると保険金が給付されるという仕組みです。公的な介護保険の要介護認定と連動しているものもあります。

公的介護保険がサービスを提供する形というのに対し、民間の保険会社の介護保険は保険金の給付です。なので受け取った保険金をどのように使うかは自分自身で決めることが出来るのです。保険金を受け取れる年齢に制限は特にないので若い年齢で介護状態になった場合にも対応出来るのです。

介護保険の保障期間、年金受け取り期間にはいくつか種類があり、仕組みも保険会社や商品によって様々です。

基本的な形は以下のようなものです。


【介護保険の保障期間】
例1

有期型:一定期間、または一定年齢まで保障される

終身型:保障期間が一生涯続く


また、年金受け取り方については以下の通りです。

介護一時金:一度にまとめて受け取る

介護年金:毎月、もしくは毎年、契約の時に設定した期間ごとに分割をして受け取る

介護一時金と介護年金:要介護状態になった場合に一時金を受け取り、それに併せ定期的に年金も受け取る

介護一時金は、介護が必要となった際に介護用品を購入したり、家のリフォームを行ったりする際に使われることが多いようです。
介護年金は、貯蓄があるが継続的に介護費用がかかったり、介護している家族の収入を補助する為にも使えます。活用方法は家族によってそれぞれです。


契約方法については以下の通りです。

主契約:介護保険が主契約となっているもの

特約:終身保険や個人年金保険などの保険に介護保険特約として付加するものと、その主契約の保険の保険料が払込終了となった場合や年金を受け取り始めた場合に介護保障に切り替えるという方法がある



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



介護保険の上手な選び方

なるべく将来子供たちに負担を掛けたくないという場合や、快適で安心な老後を送りたいという理由で保険会社の介護保険に加入したいという人が増えて来ているようです。 保険会社の介護保険で備える場合、加入した時から将来の備えを確保することが出来るので安心感があります。今の現状では多くの場合、公的介護保険制度では全てをカバーすることが出来ません。あくまでも最低限のサービスなのです。少しでもより良いサービスを受けようとすると、負担はもちろん大きくなってしまいます。介護費用の不足部分を保険会社の介護保険でまかなうというのも家族の為にはより良い手段かもしれません。

しかし、考えなくてはならないのは、民間の介護保険にももちろん保険料が発生するということ。保険料を支払ってまで、介護を受ける必要があるかないか分からない時の為に備えるべきなのか?という疑問も出て来ると思います。今のうちにもちろん貯蓄をしておいて、その時の為に備えるという方法も出来ますが、これは医療保険やガン保険なども同じ考えで、将来の安心を得たいという場合は保険加入を検討してみても良いのではないでしょうか。

これも保険会社、商品によって内容、保険料も様々なので家族と将来の介護について話し合うなどしてから、保険の相談窓口に出向くなどしてじっくり検討していきましょう。

▲このページの先頭へ