【図解入り】変額年金保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 変額年金保険とは

変額年金保険とは

変額年金保険とは、払込保険料の中から諸費用などを差し引いた積立部分を株式や債券などで運用し、その運用実績に応じて受け取る年金額、または解約返戻金が増減するという個人年金保険のことです。

この払込保険料から諸費用を差し引いた積立部分は特別勘定といい、保険金支払いの原資となる部分です。この特別勘定の中において、投資信託などで運用が行われるのです。運用先は日本の株式や債券、海外の株式や債券などがあり、契約者がどのように運用していきたいかを選ぶことができます。例えば、利益は大きく欲しいという場合には変動の大きい株式を組み入れるなど商品によって自分でどのように運用したいか決められるのです。しかし利益が大きく出る可能性があるということは、損失も大きく出てしまう可能性があるということを認識していなければなりません。債券での運用は株式と比べると、価格の変動が小さくなる傾向があります。

特別勘定の中の資金は運用されることから、契約の満期が来て年金を受け取る際に、支払った保険料(元本)を大幅に上回る可能性もあれば下回る可能性もあります。しかし、年金額に関しては最低保証を付けている商品もあります。この場合であっても途中で解約してしまうとその解約返戻金は解約時の運用実績に応じた金額になるので元本が最低保証されていません。年金を受け取るまでに死亡した場合などは死亡給付金を受け取ることが出来ます。これは元本が最低保証されています。

イメージ図

年金を受け取る期間は、一生涯に渡る場合と一定期間の場合があります。 一生涯受け取る場合は年金受け取りが始まると被保険者が生存している限りはずっと年金を受け取ることが出来ます。しかし、一定期間経過後に年金受け取り途中で死亡した場合には遺族が続けて年金を受け取ることが出来たり、残りの保証期間分の年金を一括して遺族が受け取ったり出来るものもあります。

一定期間受け取る場合は、契約時に予め5年や10年などの期間を定めて年金を受け取ります。これには被保険者の生死に関係なく一定期間年金を受け取ることが出来る確定年金と、被保険者が生存していることを条件として一定期間年金を受け取ることができる有期年金があります。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



変額年金保険の上手な選び方

変額年金保険は運用を行いリスクも伴う商品ですが、投資信託等と違う点としては保険機能が付いていることです。万が一死亡した場合には死亡保障で払込保険料は最低保証されます。投資信託のように多くの種類から投資先を選ぶという自由性はありませんが、将来受け取る年金が増えるかもしれない、と投資に対して興味がある場合にはこのような商品を選択しても良いかもしれません。

税制面でもメリットがあり、変額年金保険は運用中に税金は差し引かれません。長期運用を行う上では有利となります。また、払込保険料に関しては生命保険料控除の対象となります。保険料を一時払いした場合は契約した年のみが適用されます。年金を受け取る際には一括受け取りであると一時所得、年金受け取りの場合には雑所得となります。

最近ではニーズも多様化しているので商品も様々な種類が出て来ています。中でも人気の商品では、夫婦のどちら一方が生きている限り年金を受け取ることが出来るというものがあります。女性の方が長生きする場合が多いので、夫が受け取りきれなかった年金を妻が引き継いで受け取り続けられるという内容です。夫婦で運用を考える時には良いかもしれませんね。

変額年金保険は保証機能がついた投資信託のような商品なのですが、もちろんリスクがある商品なので運用は十分余裕のある資金で行うことが理想的です。運用期間も長期化するものが多いので、銀行の預金などと違い途中で必要な資金が出来たからといって解約してしまうと元本を割ってしまう恐れがあるので注意しましょう。自分の資産を、近々使う予定の資金、将来的に使う資金、全く使う予定の無い余裕資金というように色分けしておくと良いかもしれません。このようなアドバイスは保険の相談窓口などでも詳しく説明してもらえるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

▲このページの先頭へ