【図解入り】変額保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 変額保険とは

変額保険とは

変額保険の場合、払い込んだ保険料のうち、積立部分を株式や債券などで運用し、その運用実績に応じて保険金や解約返戻金が増減します。

保険期間が一定である「有期型」と、一生涯保障が続く「終身型」、一定期間保険料を払い込むと年金が受け取れる「個人年金型」の3種類があります。

有期型の場合は満期の際に運用実績に応じ、満期保険金が支払われるものです。これには最低保障がないので運用実績が悪ければ元本を下回ることもあります。万が一の際の死亡・高度障害の場合は保険金が最低保証され、また運用実績に応じ変動保険金も支払われる場合があります。

終身型は一生涯保障が続くものです。これは死亡・高度障害保険金は最低保証されるので元本を下回ることはありませんが、解約返戻金は運用実績に応じて変動するのでその解約時の金額となり、最低保証はありません。

個人年金型は満期の際に運用実績に応じて受け取り年金額が変わるというもので、最低保証は基本的にはありません。(最低保証されている商品もあります)

しかし、途中で解約した場合などには解約返戻金に最低保障はないので元本を下回ってしまうこともあるので変額保険は注意が必要です。

【有期型の場合のイメージ】
 満期のときに基本保険金を満期保険金が上回った場合の図

これは満期の時に運用実績が良かった場合です。基本保険金にと併せて、上回った分の変動保険金が受け取れます。ただし、中途解約の場合は基本保険金を下回る可能性もあります。場合によってはかなり多くの金額を受け取ることも可能です。


 満期の時に満期保険金が基本保険金を下回った場合の図

この図の場合、満期時に変動保険金が基本保険金を下回っているので満期保険金は元本を下回ることになります。


【終身型の場合のイメージ】

保障は一生涯続きます。保険期間中に死亡・高度障害となった場合に運用実績が良ければ基本保険金に変動保険金の上回った部分も受け取ることが出来ます。



保険料から手数料等を差し引いた積立部分(特別勘定という)を運用するのですが、日本株式や債券、世界株式や債券などに投資するようになっています。これは契約者が契約時に選択することも可能です。運用は自己責任となるので、リスクをしっかりと認識しておかなくてはなりません。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



変額保険の上手な選び方

変額保険は、元本割れの可能性があるリスク商品となるので内容を特に十分に理解しなくてはいけません。その商品の仕組みや、どんなリスクがあるのか。また、運用方法についてはある程度市況などが理解出来ていないと、どのような場合に株価が上下するか、債券価格が上下するのか、為替リスクがどういったものなのかということを理解しにくい場合があるので、変額保険での運用を考える場合には予め勉強しておく必要があるでしょう。また景気の動向に敏感になるようにしていきましょう。

生命保険というと元本が割れることはなく安心というイメージがあるかもしれませんが、この変額保険はハイリスクでありハイリターンもあるという投資目的重視の商品です。契約者がその運用リスクを負わなくてはならないのです。

投資信託や株を自分で運用している人にとっては理解し易い商品ではありますが、契約の際の手数料などを考えると自分で投資信託や株を購入して運用する方が良い場合もあります。ニーズに合った商品を選ぶようにしましょう。変額保険の商品もたくさんあるので色んな会社の商品を比較するのが良いかと思います。保険会社によって運用方法も様々だからです。色んな保険会社の商品を取り扱っている保険の相談窓口で話を聞いたりパンフレットをもらってみることから始めると良いかもしれません。

▲このページの先頭へ