【図解入り】学資保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 学資保険とは

学資保険とは

子供の将来の教育資金のための保険が学資保険といわれるものです。終身保険や養老保険などの死亡保険等と同じように生命保険として分類されています。

子供に将来必要な教育資金を積み立てていくもので、15歳や18歳など契約時に定めた満期時に満期保険金が受け取れます。その契約期間中に契約者(親)に万が一のことがあった場合、それ以降保険料の支払いが免除されるという仕組みがあります。

満期保険金も受け取れるほか、育英年金(養育年金)というものが受け取れる場合もあります。育英年金は、学資保険が満期となるまでの間毎年10万円、20万円など年金として受け取ることが出来るものです。しかし、この保障が付いている保険は付いていない保険と比べると返戻率が100%を下回ることが多いです。つまり、受け取る保険金が支払った保険料を下回る場合があるということです。親が、死亡保障がついている生命保険に加入している際には保障内容が重複することになるので確認が必要です。

子供が幼稚園から大学まで進学するのに、全て公立であっても一人あたりおよそ1,000万円の教育費がかかるとも言われています。私立に通うとなると、その倍程かかることもあります。この額を見ると、将来教育費がちゃんと支払えるのかと不安になるかもしれません。子供が誕生した時からしっかりと計画的に蓄えて行く必要があります。

では銀行の預金で定期的に貯蓄していけば良いのでは?との考えもありますが、学資保険は生命保険の一種なので万が一の際の保障があります。これが預金との大きな違い・ナす。

掛け捨てではないので、必ず将来お金を受け取ることが出来るというのも安心な点です。

保険料の総額に対して、受け取る満期保険金と祝い金の合計の割合を返戻率といいます。
この割合が高いほど、貯蓄性が高い商品であると言えるのです。

【保険金の支払い総額300万円の場合】

返戻率が100%を超えると、元本を上回ります。
どれほど増えるのかということを返戻率から計算し、銀行等の預金に預ける場合の利率とどれだけ違いが出るか比較してみると良いでしょう。
保険会社により返戻率は異なりますが、だいたい110%前後に設定しているところが多いようです。

保険金の受取方としては、満期時に一括で受け取る方法と、満期までの間にお金が必要になる際に祝い金として少しずつ受け取る方法があります。祝い金は保険会社から特別に支給されるというものではなく、あくまでも満期保険金から差し引いた金額となります。 祝い金は中学入学前や、高校入学前など商品によって支給される時期や金額も違います。

また、途中で解約した場合に戻って来る解約返戻金は、それまで支払って来た保険料の総額を下回ることが多いです。ちょっとしたペナルティのようなものですね。返戻率の良い学資保険を選んでいたとしても、途中で解約をしてしまうと元本割れの可能性も出てきますので注意が必要です。

その他に、契約者配当金というものが付与されることもあります。これは保険会社が年度決算において利益が余分に出た場合に、契約者の受け取る満期保険金や祝い金と別に支払われるお金です。「有配当型」や「5年ごと利差配当型」、「無配当型」というのをパンフレット等に記載されているのを見かけるかと思います。
例えば5年ごと利差配当型というのは運用が良かった際には5年ごとに配当金が受け取れますよ、という仕組みです。無配当の方が保険料が安くなっている傾向があります。返戻率が低くてもこの契約者配当が高いという場合もあるのです。運用が悪ければ配当されないので、必ず受け取れるものではないということ・認識しておきましょう。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!




学資保険の上手な選び方

学資保険を選ぶ際には、子供にいつ教育費がかかるかをプランニングしていくことが必要です。満期の際に一括で満期金を受け取りたいのか、また祝い金を少しずつでも受け取って行きたいのか。祝い金を受け取る時期や金額は学資保険を選ぶポイントにもなります。ニーズに合った商品を選び、無理なく積み立てていくと良いでしょう。

契約時には、なるべく返戻率が高く将来受け取る金額が多いものが良いか、また返戻率は低くても保障が手厚いものが良いのかというのも選ぶときに考えなくてはなりません。

学資保険に加入していると、保険料を支払わなくてはならない!という認識があり、自分で銀行の預金に貯蓄するよりも強制力があるので積み立てやすいと思います。自分ではなかなか貯蓄できない、貯めてもすぐに使ってしまうという方には学資保険がおすすめかもしれません。

▲このページの先頭へ