【図解入り】外貨建て保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> 外貨建て保険とは

外貨建て保険とは

保険料、保険金などが日本の円以外の海外通貨、いわゆる外貨建てとなっている保険のことを外貨立て保険といいます。終身保険や個人年金保険、養老保険があり、保険料の払込や保険金の受け取りなどは外貨で行われるので、保険の契約期間中も外貨にて運用されることとなります。本来ならば外貨での取引を行う為に外貨専用の口座を開設しなくてはなりませんが、日本では手続きも面倒になるので基本的には円で保険料を支払い、円で保険金を受け取ることが出来るという特約を付けることが多いようです。保険商品の仕組みとしては、通常の保険と変わりません。

外貨建て保険は円建ての保険商品よりも高い予定利率となっている場合が多いのが特徴です。しかし、運用を行う際に気をつけたいのが為替リスクです。外国為替のレートが変動することによって差益や差損が生じることが為替リスクと呼ばれます。

預け入れの際に1ドル100円で、10,000ドルだと日本円で100万円。
満期時に預入時と比べて円高になり1ドル90円となった場合、満期時には90万円となり10万円の損失が生じます。
また、円安になり1ドル110円となった場合は、満期時に110万円となり10万円の利益が出ます。(手数料等は考慮しない場合)

契約時に、外貨ベースでは元本が保障されていたとしても、円に換算すると元本を下回ってしまうということもあるので注意が必要です。
積立利率を見て、契約時からいくらまで円高になったら差損が生じるかという損益分岐レートというのを把握しておくと良いでしょう。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



外貨建て保険の上手な選び方

外貨建ての保険は海外の債券などで運用を行うことが多く、海外の債券利回りは日本の利回りよりも高いので利率が高く設定されることがあり、また保険料も安くすむということから外貨建て保険を選ぶ方もいるようです。また、多くの方は為替差益を期待して契約されます。契約時に為替レートが円高だと感じる場合には将来円安に振れることを期待すると思います。その買い時というのは自己判断となるので、為替の動きに敏感になっておく必要があります。運用期間が10年、15年と長くなる場合にはそこまで先の為替の動きが予想出来るかどうかも外貨建て保険を選ぶポイントとなってきます。

様々は保険会社から外貨建て保険が出されているので、比較検討してみてはいかがでしょうか。中立的な立場からアドバイスをもらいたい場合には保険の相談窓口で相談してみると良いでしょう。

▲このページの先頭へ