【図解入り】アカウント型保険とはどんな保険か?≪上手な選び方も紹介≫

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険の種類 >> アカウント型保険とは

アカウント型保険とは

アカウント型保険とは、自由設計型保険という言い方もあり、保障機能と貯蓄機能をくっつけた保険です。

一部の保険会社では定期付終身保険に代わり販売されています。

それまでの保険では、契約者から預かった保険料をどの部分に充てるかというのは予め決められていたのですが、アカウント型保険についてはいわゆる積立口座(アカウント口座)に毎回保険料が払い込まれます。
その部分で積み立てたお金を死亡保障や入院保障などに変更するなど、いつでも積立部分を保障に回せるのが特徴です。

利率変動型終身保険などと呼ばれることもあり、貯蓄性が高い積立部分が基本的な土台となっており、この部分が「アカウント」等と呼ばれます。

この部分に定期保険や医療保険を上乗せしていきます。この上乗せ部分は自由に変更することが可能です。

また、積立部分から一時金を引き出すことも出来るというのが特徴の一つです。例えば予定外に住宅資金が必要になった、などの場合にも有効的に使うことができます。
その反対に余裕資金があれば払い込んで積み立てておくこともできます。
積立金には利息がつきますが、その時の経済情勢によって変動するようになっています。
例1

払込期間が満了となる時、積立金を終身保険や年金などに切り替えます。

デメリットとしては予定利率が契約の時点で固定されていない為、払込が終了するまでは受け取り金額が分からないという点が挙げられます。

また、更新の際に保険料が2倍程増えることもあります。



理想の保険商品を無料で見つけたい人は必見!



アカウント型の上手な選び方

自由に設計出来る保険ではありますが、内容をよく把握していないとこの商品の良い部分を活かすことが出来ません。

この商品は、将来保険料が払えなくなったらどうしようかと不安に思っている人には向いているかもしれません。
保険料の支払いが困難になっても貯蓄部分から保険料に回すことが出来るという点が大きな特徴ですね。
保険料をお金の余力があるうちに多く支払っておいて、貯蓄するということもできるので上手く活用すれば良い保険であると思います。

今の時点での収入や、今後の家族構成、教育資金、住宅資金の必要時期をライフプランを作成してみるなどして商品を選んでみると良いでしょう。
内容がやはりややこしい部分があるため誤解を招き易い商品とも言われているので、正しい知識を持ったプロに相談するのがベストです。

▲このページの先頭へ