持病(てんかん)があっても入れる医療保険について保険相談

今にも、将来にも、優しい保険に
保険見直し相談 >> 保険クリニックの口コミ・評判 >> 持病があっても入れる医療保険について相談しました!≪提案内容編≫

保険クリニックで持病があっても入れる医療保険について相談≪提案内容編≫

ここでまた、てんかんの話に戻ります。

(スタッフ) 『いま、こうお話を伺っていて、ご加入は厳しいと思うんです・・・。てんかんは、どこの保険会社も正直厳しいです。
一番は「お引き受けは難しいですよ」という回答、
 二番目は、「お引き受けはできますが、通常の保険料より若干高めの割増料金になりますよ」という保険会社。
で、当社で取り扱っている中で、一社、●●生命が可能性のある保険会社になります。
加入できるか、また、保険料の条件のはっきりした答えがでてくるかは、申し込んでみないとわからないです。担当したお客さまで、同じようなご相談をいただいたときには、若干の割増がありましたが、加入できた例があります。

(私) 『若干というのはどれくらいだったんですか?』

 『そのかたは4割の割増でしたが、一概に絶対4割増だよということではないんですね。それは申し込んでみないと・・・というところです。
まずは、入院日額5千円で、どれくらいの保険料になるかということをお出ししますね。
誕生日が近いので、微妙なんですが、今の年齢でお出しして大丈夫ですか?年齢がかわると若干ですが、保険料が変わるのです。

ちょうど誕生日の1ヶ月前に相談に来たので、今来ておいて良かったぁ(-。−;)

次に保障される入院の日数を60日か120日のどちらにするかということを聞かれました。
今は、医療が進歩してきたこともあり、入院の日数は短くなってきているそうですが、「60日じゃ不安だな〜、でも120日だと保険料がかなり上がってしまうのかな〜」と考えていたところ、

 『では、60日と120日両方で保険料を見てみますね。』

と言ってくれました。

そして、出してくれた資料がこれになります↓↓

1泊2日の入院から保障が出る「初期入院特約」と、先進医療の医療費も保障される「先進医療特約」をつけて、入院60日のプランなら保険料2,005円、入院120日のプランなら2,290円でした。その差285円!!

「安い!しかもこれくらいしか差がないのなら120日の方にできる!」と思いましたが、てんかんのことがあるし、まだ加入できるかどうかも分からない…。おそらく割増がつくんだろうな〜と思い、また質問を…

 『これなら4割の割増があっても3千円代でいけますね?』
 『そうですね。3千円代でなんとかいけそうだと思います。
後は女性特有の病気の特約をつけることもできます。』
 『乳がん検診で経過観察がでているので、女性特約をつけられるんですかね??』
 『申し込んでみないとわからないですが、特約を付けて申し込んで、だめだったら、その特約はつけないで加入するということもできますからね。』

入院120日のプランに女性特約を付加すると1,210円プラスで3,500円の保険料になるとのことでした。
この保険商品の場合、女性特約を付けると、帝王切開・五大成人病(悪性新生物,糖尿病,心疾患,高血圧性疾患,脳血管疾患)やその他、えっ!この病気・熄乱ォ特有の病気なの??と思う病気までも保障されるとのこと。
そんな病気にはなりたくありませんが、なんだかお得な気がしました(* ̄∇ ̄*)v

これで今回の相談は終わりになりました。

 『これが一番可能性のある保険会社かなというところです。 おうちに帰って検討していただいて、この保険に加入されたいということでしたら、私の方で必要な書類を集めて申込のお手伝いさせていただきますのでお電話ください』

とのこと。

私と同じように、「てんかんだから保険には入れないかな?」、「持病があるから保険には入れないかな?」と思っている方は、一度、保険相談に行ってみると良いと思います。

特定の保険会社の営業の人に話を聞くと、始めは欲しいと思っていなかったような保険を営業されてしまうというような心配がありますが、保険クリニックでは、「てんかんでも入れる医療保険」ということに的をしぼって親身に相談にのっていただき、それ以外の保険を勧められたり、提案された医療保険への加入を迫られるといったことは一切ありませんでした。

人それぞれ病気の種類や重さは違いますし、保険に加入できるか加入できないかは、実際に申し込んでみないとわからないとのことでした。
必要のない保険を無理強いされることのない保険無料相談サービスから、医療保険の申込を一度試してみる価値は十分にあるのではないかな?と思います。


ほけんの窓口の提案内容との比較

この保険クリニックでの相談をした次の日に、ほけんの窓口でも「てんかんでも入れる医療保険はありますか?」と同じ相談をしてきました。(ほけんの窓口での体験談はこちら)
保険クリニックとほけんの窓口では勧められた商品に違いがありました。

保険クリニックでは、緩和型ではなく、通常の医療保険商品で、過去にてんかんの人でも割増保険料付きで加入できた事例のある商品を勧めてもらいました。
一方、ほけんの窓口では、最初から緩和型の商品を紹介されて、「もしも入りたい通常の商品があるのであれば一度そちらをチャレンジしてみて、だめだったら緩和型に入れば良いのでは」とのこと。
「通常の入りたい商品」と言われても、どの商品が入れる可能性があるのかわからないので、この2日間の相談の場合は、保険クリニックの回答の方が親切だったかな〜と思いました。

まずは、保険クリニックで勧めてもらった商品の申込をしてみて、それがだめだったら緩和型を検討しようと思います。

(※緩和型保険(引受基準緩和型保険)とは、健康上の理由から、医療保険に加入できなかった人が加入しやすいようにした医療保険。既往症がある方を対象に、告知項目を限定し、引受の基準を緩くしてあるもの。そのため、保険料は一般の保険に比べて割高になる。)

【後日談】無事契約できました!

この時の相談で保険クリニックの担当者さんが紹介してくださった通常の医療保険商品にてんかん持ちの私でも無事加入することができました!

保険料は、担当者さんが事例として紹介してくださっていたのと同じ4割増となりました。

しかし、割増の保険料となっても、同じくらいの保険料の緩和型保険よりもずっと保障内容がいいので、とても満足しています。
こちらが契約した保険の証券です。